「初級編」の記事一覧

【初級編⑭】NULLの取り扱い方

データベースでレコードを取り扱う上で避けては通れない「NULL」とは一体なんなのか、どのような特徴や制約があるのかについて解説したいと思います。

【初級編⑬】なんとなく書いていたSQLのSELECT文を根本から理解する(2/2)

前回の記事、【初級編⑫】なんとなく書いていたSELECT文を根本から理解する(1/2)では、SELECT文が実行される仕組みをExcelを使って説明しました。 今回は、そのSELECT文の中の各句(SELECTやFROM・・・

【初級編⑫】なんとなく書いていたSQLのSELECT文を根本から理解する(1/2)

「プログラムは得意だけどSQLがニガテ」なんてことを言う人をたまに見かけます。SQLがニガテというか、SELECT文がニガテな人が多いようです。確かに.NETなどのプログラムは、基本的に一行ずつ処理が実行されるので処理結・・・

【初級編⑪】SQLのGROUP BYでレコードのグループ化と集計を行う

これまでの記事で、基本的なSELECT文の実行はマスターできたんじゃないでしょうか。今回からは、少し高度な内容に踏み込んで行きたいと思います。 まずは、業務でよく利用する機能として「集計機能」を説明したいと思います。例え・・・

【初級編⑩】SQL Serverのテーブル結合(JOIN)の基礎

【初級編⑧】テーブルの正規化の概要とその手順で説明したように、基本的にSQL Serverのテーブルは無駄な重複をなくすような構造になっています。 商品名や部署名などは別テーブルとして外出しを行い、売上明細等のトランザク・・・

【初級編⑨】テーブルに設定するキーの種類や様々な制約(CONSTRAINT)

SQL Serverのテーブルには、格納する値に各種制約を設けることができます。この機能を使うことにより、おかしなデータを格納することはできなくなり、データの整合性が保証されます。 本来、SQL Serverを利用するア・・・

【初級編⑧】テーブル正規化の概要とその手順

データベースのテーブル設計をする上で正規化という考え方は非常に重要です。ただ、初心者には少し難しい考え方でもありますので、できる限り分かりやすく説明していきたいと思います。

【初級編⑦】SQLのSELECT文で関数を使いこなす

どんなプログラム言語でも「関数」というものが存在します。Excelのそれが一番イメージしやすいかと思いますが、SQL Serverでもモチロン関数はあって、これを使いこなせるかどうかで生産性やパフォーマンスが全然違ってき・・・

【初級編⑥】SQLのSELECT文の基本的な構文

SQLを学ぶ上で一番重要と言っても過言ではないのが「SELECT文」です。どのデータベースにもSELECT文は存在し、書き方もよく似ているので、基本的な書き方をマスターしていれば違うデータベースで開発をする際にもすぐに慣・・・

【初級編⑤】SQL Server 2008 のデータ型とサイズについて

SQL Server で作成するテーブルの各列には、「文字列」「数値」などの型(「データ型」と言います)を指定しなければいけません。今回のエントリではどんなデータ型があるのか、どの型を選ぶべきなのかを考えていきたいと思い・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ